膀活日記ー卒業

 

昨日、膀活のメンターであるロザンナ先生と
の最後のアポイントメントでした。

今回はバイオフィードバックの機器は使わず、
先生の指で圧力を確かめながらのエクササイズ。

エレベーター

息を吸って、吐きながら骨盤底筋をエレベーター
の1階、2階、3階と上がってくるように
緊張させていきます。(絞り上げていく感じ)

膣と尿道をコントロールする筋肉群は
三層構造だと思ってください。
膣の入り口付近はエレベーターの1階、
中間は2階、子宮口に近い一番奥は3階。
1階から2階、3階と上がっていきながら、
3階でしばらくそのままどど待って、
ゆっくり降りてくる。
そして完全にリラックス。

次のエクササイズは5ピークス(頂点)
こちらは1階から一気に3階まで登って、
ストンって感じで降りてきて、
すぐにまた3階までピョンって上がって
ストンを5回繰り返します。

よりリラックスした状態まで素早く
降りてきたほうが、ピークが確実により
綺麗に描けます。

注意点1:
腹筋に頼らず、両手を内腿に当てて、
骨盤底筋群だけに神経を集中して。

ロザンナ先生は「よく頑張りましたね、
これからの課題は…

1・エレベーターの骨盤底筋を
一番奥まで締めた状態で
10秒キープを一日60回!

 

2・5ピークスを12セット!

3・練習は全て仰向けで行いましたが
これからは立ってやってみてね。

それでも尿失禁が発生したらまたきてね!」

かなり厳しい宿題ですが頑張ります

本当に短い間でしたが、先生のご指導で
たくさんの知識と何歳からでも筋肉は
鍛えられると確信が持てました。

筋肉は何歳になっても
鍛えられるのよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です